Current Exhibition

ダニエル・ブラッシュ展
― モネをめぐる金工芸

日本 2024.01.19 — 2024.04.15 エキシビション詳細
Daniel Brush Tokyo Exhibition

21_21 DESIGN SIGHTギャラリー3

東京都港区赤坂9-7-6
107-0052

 

会期:
2024年1月19日(金)~4月15日(月)
*閉館日: 1月30日(火)、2月13日(火)、3月11日(月)

 

開館時間:
午前10時~午後7時

  

入場料:
無料(予約不要)

エキシビション詳細

ダニエル・ブラッシュ展― モネをめぐる金工芸

レコール ジュエリーと宝飾芸術の学校は、2024年春、東京 六本木の21_21 DESIGN SIGHTギャラリー3にて、ダニエル・ブラッシュの卓越した作品を日本において初めて紹介する美術展「ダニエル・ブラッシュ展 ― モネをめぐる金工芸」を開催します。これは、2017年にレコール パリ本校で企画された初の展覧会「Cuffs & Necks(カフス&ネックス)」展、2018年にニューヨークで開催された同展、さらに2023年に香港のレコール アジアパシフィックで開催された「DANIEL BRUSH AN EDIFYING JOURNEY(ダニエル・ブラッシュ 啓発の旅)」展に続くものです。
この類を見ない展覧会は、素材の詩人であり、金属加工職人であり、宝飾職人、哲学者、エンジニア、画家、そして彫刻家でもある現代アメリカのアーティスト、ダニエル・ブラッシュにオマージュを捧げるものです。


アルミニウム、スチール、ゴールド、絵画。エキシビションの第1章では、ジュエリーから芸術作品、オブジェまで、ダニエル・ブラッシュの幅広い作品の中に見られる、伝統的な芸術のカテゴリーを超えた多様な素材や表現方法をご紹介します。第2章では、ブラッシュの連作「モネについて考える」にハイライトを当て、素材の特性を活かして卓越した極めて優美なオブジェを生み出す彼の類いまれな能力を探ります。

ダニエル・ブラッシュ展 - Short Documentary

ニコラ・ボス

ヴァン クリーフ&アーペル、プレジデント兼CEO

「彼の作品を見て、こんなことは不可能だと考える人もいるでしょう」

連作 「モネについて考える THINKING ABOUT MONET」

ダニエル・ブラッシュは、アーティストとしてフランス印象派の画家が使う色彩、とりわけモネの淡いピンク、セルリアンブルー、カドミウムイエローといった光を取り入れた色相につねに興味をそそられていました。いつもと同じく、自身の興味の対象について深く調査・研究する必要を感じたブラッシュは、妻のオリヴィアとともにヨーロッパに赴き、このきわめて特殊な色遣いを理解することに焦点を当てて旅を重ねます。二人はアルル、ルーアン、ジヴェルニーを訪れ、パリで数ヶ月を過ごしました。ですが、モネを受け入れようとすればするほど、いつも“反発” を感じてしまうのだと、彼は言っていました。その理由は、彼が油絵具を嫌悪していたからです。印象派の色彩、とりわけモネの色彩に対する取り組み方を理解するための探索の旅で、ダニエルとオリヴィアはジヴェルニー近郊の野原に置かれた実際の積みわらも見に行きました。ダニエルの嫌悪感は、この訪問で確信となります。「古典的なグレーズ技法を駆使しても、私たちが野原に見に行ったあの実際の積みわらを包んでいた自然光の荘厳さは絵画から感じられなかった」と彼は言っています。


マンハッタンのスタジオに戻ったある日、まったく偶然ながら、友人のアートコレクターが訪ねてきて、最近手に入れたばかりのモネの絵のエイト・バイ・テン(8×10インチ)のカラーポジ・フィルムを二人に見せました。透明なポジ・フィルムを光にかざして見たその瞬間、モネの“考えていたこと” に惚れ込んでしまったとブラッシュは言います。「透過する光に輝く透かし絵として見たら、モネの作品が好きになった」と。ダニエル・ブラッシュは、そこに光を見たのです。


それ以来、ブラッシュは光で描こうと決意しました。光こそが、ブラッシュにとって永遠の、そして最大の関心事のひとつでした。光の本質と科学、意味、光が生み出す反応、宝石の原石の中の光、スチールやアルミニウムからブラッシュが独特の手法で引き出すことのできた光、そして彼の彫刻が生み出す光のドラマ。それは黄金の輝きであり、太陽の輝きであり、神の光でした。ダニエル・ブラッシュのジュエリーを初めて見た人の眼の輝きでした。


それはまた、ブラッシュが熱烈に信じていたように、ひとつの宝飾品が伝えうる精神の晴れやかさでもあると思います。そして、それはまたウィットとユーモアの軽やかさであり、ブラッシュの作品のなかに金色の一筋の糸のように流れ続ける子どものように無邪気な喜びであり、また彼の知性が主導する思考や混沌が有する哲学的な深遠さとは対照的なものでした。
どのように光が屈折するのか、回折線格子を使用した場合に、インチごとに機械的に分割された数千の線によってどのように光が 反射するのかを目にしたとき、ブラッシュは学生時代の物理学の授業を思い出しました。そして、ジュエリーや宝石の魅力を感じる 最も強力な2つの要因、「色」と「光」の完璧なマリアージュについて考えるようになりました。光線をさまざまな色として人の目に映る 波長に分割する回折格子の科学的原理にインスピレーションを受けたブラッシュは、手彫りによる一連の彫刻作品の制作を始めます。これらの作品は、いくつもの線を使って非常に繊細に、光を分割する特定の角度で綿密に彫られているため、油彩や水彩など、光 以外の色素では作り出せない、あたたかく、深く、情緒に訴える色彩を見る人の目に映し出します。


そうしたブラッシュの光と色への愛着が明確に示されている「モネについて考える」シリーズには、彼と日本や日本芸術との強い関係も現れています。19世紀末に流行したジャポニスムを思い起こさせますが、この潮流は印象派の形成に大きな役割を果たしました。印象派の芸術家たちは日本の浮世絵の木版画の芸術性から啓示を受け、浮世絵の様式性と構図は彼らに強力な影響を及ぼしました。浮世絵をコレクションしていたモネもその1人です。


ダニエル・ブラッシュは、芸術とジュエリーの関係性について熟考し、これに挑戦しています。同時に、芸術とジュエリーの関係性を 新たなレベルの啓示、メッセージ、意義、感情的影響に引き上げ、そのすべてを「モネについて考える」シリーズで具現化しました。

ヴィヴィアン・ベッカー、ジュエリー史家

エキシビション詳細

会期:
2024年1月19日(金)~4月15日(月)
*閉館日: 1月30日(火)、2月13日(火)、3月11日(月)

開館時間:
午前10時~午後7時

会場:
21_21 DESIGN SIGHTギャラリー3
東京都港区赤坂9-7-6

入場料:
無料(予約不要)

主催:
レコール ジュエリーと宝飾芸術の学校

 

イベント情報

ダニエル・ブラッシュ展では、故ダニエル・ブラッシュにちなんだ二つの音楽イベントを開催いたします。
2月11日(日)および3月31日(日)には、彼が生涯愛したジャズの演奏とともに、また3月20日(水・祝)には、彼自身の芸術的な研究対象であり、絵画作品のモチーフとなった日本の能楽の演奏とともに展示をご鑑賞いただけます。
この機会にぜひご来場くださいませ。

■ 2月11日(日)、3月31日(日): ダニエル・ブラッシュ展とジャズを楽しむ
下記時間に会場内にて演奏を行います。予約不要。
14:00-14:30/16:00-16:30/18:00-18:30

Instrumental Night_2024211


■ 3月20日(水・祝):  ダニエル・ブラッシュ展と能楽を楽しむ
下記時間に会場内にて演奏を行います。予約不要。
14:00-14:20/16:00-16:20/18:00-18:20

Instrumental Night_2024320
Daniel Brush with his ornamental lathes - Photo Credit Nathan Crooker
© Photo Credit: Nathan Crooker

ダニエル・ブラッシュについて (1947 - 2022)

「アメリカの偉大なアーティストであり、金細工職人、画家、彫刻家、哲学者、エンジニア、そして謎に満ちたダニエル・ブラッシュは、ルネサンス的教養人というよりはむしろ現代の錬金術師でした。やはりアーティストであり、忠実な友人、協力者でもある妻のオリヴィアとともにマンハッタンのロフトに引きこもり、自身の無数のアンティーク旋盤とギヨシェ彫り機のコレクションの迷宮で隠遁してきた ブラッシュは、古代の金細工職人による崇高な芸術を実践し、芸術と科学、詩と哲学を融合してきました。


ブラッシュは、1947年オハイオ州クリーブランドにて、アーティストの母とビジネスマンの父の元に生まれました。奨学金を得て、 ピッツバーグのカーネギー工科大学の美術学校に入学。オリヴィアとはそこで出会いました。オリヴィアの結婚指輪は、彼が制作した初のジュエリー作品です。学校卒業後はジョージタウン大学の教授となり、芸術哲学を教えました。


アーティストとして作品の制作に集中するため、1978年にオリヴィアとニューヨークに移ったときは、数年間画家として活動していました。そのとき以来、毎日ひたすら同じことを続けてきたと彼は言います。
ダニエル・ブラッシュは、自身の仕事を通じ、私たちのあらゆる知覚を変容させ、私たちのジュエリーに対する先入観を払拭して、 私たちにジュエリーとその装飾的、情緒的、魔よけ的な役割、今日の私たちの人生における位置、身体、女性らしさ、ファッションや布地に対する関係性の理解を再考させようとしてきました。」

ヴィヴィアン・ベッカー、ジュエリー史家

イブニング カンバセーション

レコールではジュエリーの世界を深く掘り下げる「イブニング カンバセーション」を開催します。このトークでは2名以上の専門家とともに、ジュエリーと宝飾芸術の世界をさまざまな視点から探る対話を行います。各トークではサロンでのカクテル レセプションからはじまり、くつろいだ雰囲気の中で学びの世界へと聴講者を誘います。

Daniel Brush, Thinking about Monet. Photo © Takaaki Matsumoto

Daniel Brush, Thinking about Monet. Photo © Takaaki Matsumoto

イブニング カンバセーション
連作「モネについて考える」

ダニエル・ブラッシュの作品の特徴として、ジュエリーや彫刻の連作をひとつのアートインスタレーションとして創作するというコンセプトが挙げられますが、連作「モネについて考える」においてこれは特に完璧に表れています。アーティストとして、ブラッシュはつねにフランス印象派の画家が用いる色彩、とりわけモネの淡いピンク、セルリアンブルー、カドミウムイエローといった光を取り入れた色相につねに興味をそそられていました。いつもと同じく、自身の興味の対象について深く調査・研究する必要を感じたブラッシュは、妻のオリヴィアとともにヨーロッパに赴き、このきわめて特殊な色遣いを理解することに焦点を当てて旅を重ねます。


やがて回折格子の科学的原理にインスピレーションを受けたブラッシュは、ミニチュアサイズの、手彫りによる一連の彫刻作品の制作を始めました。「陶芸家が何時間もかけて焼成した楽焼の窯を開けるとき、初めて色や釉薬を見るのと同じ。私は彫り方を知っているし、角度が仕上がりに影響することも理解しているが、最初のうちは、私が取り組んでいる彫刻が青や赤や紫の光を発するかどうかはわからない。いつも驚かされる」。


ダニエルの親族であるオリヴィアシーラ、そしてヴィヴィアン・ベッカーによるこのトークでは、ダニエル・ブラッシュの日本への憧憬と、彼の中にモネへのオマージュが醸成され、それが形になる上で日本が果たした役割について、明らかにされます。

 

※本イブニング カンバセーションの予約受付は終了いたしました。


開催日時:
2024年1月19日(金)17:30-19:00 (1.5時間)

金額:
4,500円(税込)/1名

スピーカー:
オリヴィア・ブラッシュ
アーティスト。50年以上、妻としてダニエルの人生と創作に連れ添ったパートナー

ヴィヴィアン・ベッカー
ジュエリー史家

言語:
英語(日本語同時通訳つき)

会場:
ザ・リッツ・カールトン東京 (1階 - パークビュールーム)
東京都港区赤坂9-7-1 東京ミッドタウン
※展覧会会場から徒歩約5分

レコール ジュエリーと宝飾芸術の学校について

School Jewelry Arts

 

ヴァン クリーフ&アーペルの支援のもと、2012年に開校したジュエリーと宝飾芸術の学校「レコール」は、一般の方々にジュエリー文化のあらゆる側面を紹介することを目指しています。
レコールは、特別な受講資格を必要としない、学ぶ意欲のある方に広く門戸を開くイニシエーション スクールです。まったくの初心者から、趣味で愉しみながらも深い造詣を持つ方々、コレクターまで、ジュエリーの世界に興味を抱いている方すべてを対象としています。開校以来レコールは、40以上の国の、18歳から83歳までの4万人以上の受講者を迎えてきました。
レコールの講義は、ジュエリーの芸術史、原石の世界、ジュエリー制作のサヴォアフェールという3つのカテゴリーを軸に組み立てられています。
さらにレコールは、パリやフランス国外におけるエキシビション、出版物、講演、美術館・博物館などの学術機関とのパートナーシップを通じて、さまざまな方法で研究支援も行っています。


現在レコールは、パリに2か所、香港、上海、ドバイにそれぞれ1か所の計5か所を拠点に活動しています。
レコール パリ本校の歴史あるキャンパスは、18世紀初頭に建築家ジャック・V・ガブリエルによって建てられたオテル ド セギュールと呼ばれる邸宅にあります。1世紀以上にわたってフランスのジュエリー界の歴史的中心地となってきたヴァンドーム広場から目と鼻の先です。2つ目のパリの本拠地は、グラン ブールヴァール地区に残る数少ない18世紀の建築物の1つ、オテル ド メルシー=アルジャントーにあります。


2019年の秋、香港のデザイン地区の中心である西九龍に新しいキャンパスが開校しました。香港湾を望む複合施設K11 Musea内にあり、日本人建築家・藤本壮介が設計した空間には光が溢れ軽やかさに満ちています。
2023年の秋には、上海とドバイの2か所に新キャンパスを開設し、アジアと中東での活動をさらに広げています。この2つの都市はいずれも文化的な活気に満ちています。
これに加えて、レコールは創設以来、旅する学校としてアメリカ、アジア、中東などを訪れ、2~3週間にわたる特別講座を実施しています。このようにしてレコールは、国際的なレベルでのジュエリー文化の普及と認知度向上に貢献しています。


日本では3回の特別講座に加え、「メンズ リング」展(2022年、21_21 DESIGN SIGHTギャラリー3にて)、特別展示「極楽鳥」(2023年、インターメディアテクにて)などのエキシビションを開催、好評を博しました。そして2024年、レコールは再び東京にて、ダニエル・ブラッシュの卓越した作品を日本の皆様にご紹介する初の機会となる本展を開催します。