レコールが東京へ

「レコール ジュエリーと宝飾芸術の学校」が2019年2月23日から3月8日まで再び東京で開講されます。

詳しくは、日本特別講座専用ウェブサイトにてご案内しております。

公式サイトへ

2019年2月-3月

2週間の日本特別講座

2019年2月23日-3月8日: レコールは、15の講義、7回のイブニング カンバセーション、3つのエキシビションを東京・外苑前にある京都造形芸術大学外苑キャンパスにて開催します。

講義&講演
 

講義および講演はアラカルト形式で、いずれも事前知識は必要なく、どなたでもご受講いただけます。ジュエリー制作技術のサヴォアフェール、原石の世界、ジュエリーの芸術史について、各分野の第一人者から学ぶことができます。
講師は全員パリから来日し、日本語通訳者を介して、パリのレコールで行われている同じ内容のプログラムを行います。

カレンダーをダウンロード

レコール 日本特別講座 公式ウェブサイトは1月15日に公開予定です。最新情報をお受け取りいただくために、ぜひメールアドレスをご登録ください。

エキシビション
 

宝飾芸術の多面性を浮き彫りにする3つの特別展
- 「Vestigia Naturae - ハルミ・クロソフスカ・ド・ ローラ」: ヨーロッパと日本の間で思い描かれた空想世界から生まれたジュエリー、オブジェ、家具を紹介
- 「Through the Eyes of a Connoisseur~ある愛好家の目線」: その土地のジュエリー愛好家や専門家によるプライベート ジュエリー コレクションを特別公開
- 「タヴェルニエのダイヤモンドを巡る冒険」: 17世紀にフランス国王ルイ14世に献上された素晴らしいダイヤモンド20石のレプリカを展示

申込不要、毎日入場無料

シェア