Musée des Arts décoratifs, Paris, France - © Olivier Thomas

美術館後援 / 装飾芸術美術館MUSÉE DES ARTS DECORATIFS - ジュエリー ギャラリー。

ジュエリー ギャラリーに展示される1200点の宝飾品は、中世から現代までに至るジュエリー史の素晴らしいパノラマを構成しています。ギャラリーは装飾芸術美術館の使命を体現しており、広く一般に門戸を開き、所蔵コレクションへの関心を高め、鑑賞を楽しんでもらうことを見事に実践しています。レコール ヴァン クリーフ&アーペルは、ジュエリー分野において、美術館の所蔵コレクションと開発基金に関する書籍出版も支援しています。

 
Muséum National d'Histoire Naturelle, Paris, France - © François Farges

科学研究 / 国立自然史博物館(MUSÉUM NATIONAL D’HISTOIRE NATURELLE


博物館の研究者たちが成し遂げた科学研究成果に引き続き、レコール ヴァン クリーフ&アーペルはレプリカのカッティング プロジェクトを支援しています。オリジナルの形・大きさで再現したのは、ジャン=バティスト・タヴェルニエがルイ14世に販売した有名な17個のダイヤモンド。国王の財務総監コルベールの帳簿に購入記録が残されています。

 
University of Rennes 2, Rennes, France

リベラルアーツ分野の研究 / レンヌ第二大学

レコール ヴァン クリーフ&アーペルは同大学の芸術史・芸術批評系の博士論文に3年間の資金提供を行っています。論文テーマであるジャン=バティスト・タヴェルニエ(1605年-1689年)はジュエリー史における重要人物です。探検家にして宝石商であったタヴェルニエは、ヨーロッパの数々の公的および私的コレクションを豊かに彩ってきました。

 
 
École Boulle, École Supérieure des Arts Appliqués et du Design, Paris, France

教育指導支援 エコール・ブール国立工芸学校、応用芸術とデザインの高等教育機関


1886年に創設されたエコール・ブール国立工芸学校はクラフトアートと応用美術の専門分野で学生の教育を行っています。レコール ヴァン クリーフ&アーペルはジュエリー部門の学生に宝石学に関する教育を提供いたします。

VISIT SITE

 
 
Kyoto University Art & Design, Kyoto, Japan - © Osamu Watanabe

教育指導支援 / 京都大学 アート&デザイン(日本)

では、将来有望な才能あふれる若者たちの芸術教育を行っています。

レコール ヴァン クリーフ&アーペルはジュエリー部門の学生を対象に、「現代のおとぎ話:21世紀にふさわしい魅惑のジュエリー(Modern Fairy Tales : Enchanting Jewelry for the 21st century)」コンペティションの開催。その中で、プロフェッショナルのアドバイスと意見を聞くことのできる機会を提供します。

 
 

Partnership

レコール ヴァン クリーフ&アーペルのコミットメント 研究、教育指導、美術館への支援

2012年に設立されたレコール ヴァン クリーフ&アーペルは、一般の人々向けにジュエリー&ウォッチメイキングの入門講座を開催する学校です。

教育ミッションの一環として、レコール ヴァン クリーフ&アーペルは外部の文化プロジェクトの支援を行っています。その目的は、素晴らしい工芸美術と応用芸術の仕事に宿る精神への知的・感覚的理解を深め、誰にでも直接クラフトアートを実体験してもらうことにあります。そのため、レコール ヴァン クリーフ&アーペルは積極的にパートナーシップに取り組み、目標として掲げる、伝統の継承と専門ノウハウと創造におけるイノベーションの育成を行っています。

フランスと日本で展開する5つのパートナーシップは、レコール ヴァン クリーフ&アーペルの重要なミッションである、文化の伝播・共有・教育に沿ったものです。