シェア

羽とジュエリー

なぜ、芸術家や作家、建築家、そして人類は、鳥たちとその羽に魅了されるのでしょうか?その答えを探りに、レコールはパリ装飾芸術美術館のライブラリへとカメラを運び、素晴らしい所蔵品の数々が眠るアーカイブへと到達します。ジュエリーにおける「羽」を、モチーフと素材の両面から捉え、イネジータとジスラン、レコールの二人の専任講師が、人類にインスピレーションを与え続けているこの羽という存在について情熱的に語り合います。